クラウス・ラツェル博士

化学博士

独弁理士
European Patent, Trademark and
Design Attorney

klatzel(at)hinkelmann-ip.com

電話:+49-89-3074976 0
ファックス:+49-89-3074976 22

 

クラウス・ラツェル博士はミュンヘン工科大学で化学を専攻し、無機化学の特別研究分野においてヘルマン教授のもとで博士号を取得しました。ラツェル博士はそこでDNA及びRNA鎖の電気化学の研究を行い、インターカレーション結合の電気化学分析に従事しました。その後、ポストドクターとして、ミュンヘン工科大学と共同でPVCメーカー向け均一系触媒作用の分野における学際的な研究プロジェクトに携わりました。

1999年からミュンヘンの大手特許事務所に勤務し、2003年に欧州特許弁理士、2005年にドイツ特許及び商標弁理士の資格を取得しました。その後、他の大手国際特許事務所で弁理士として勤務した後、2009年に独立し、ミュンヘンで特許事務所LATZEL-IPを設立しました。ラツェル博士は2019年から当事務所に在籍しています。

ラツェル博士は、特に特許、商標及び意匠を専門としています。医薬品、ジェネリック、材料科学、ポリマー、発泡材料、印刷技術、トナー、チップ技術、電池技術、風力及び火力プラント等のグリーンエネルギー、家庭電気機器、化学プロセス技術、医療機器等、多くの技術分野での経験を持っています。

さらに、国際特許及び商標の出願プロセスにおいて豊富な知識を持ち、その分野のエキスパート及び弁理士として訴訟等の手続業務も行っております。また、ラツェル博士はストラスブール大学の講師でもあり、ミュンヘンで欧州特許に関する法律の基礎コースで講演を行っています。ラツェル博士はドイツ語と英語を話します。